ケータイ小説 野いちご

ヤンキー王子とラブレッスン①【完】

セレブ坊ちゃまの正体は!?





そう思ってたのに……。


男の子の誕生日パーティーに行くなんて、絶対絶対イヤだって思ってたのに……。


日曜日、朝早くのんちゃんがウチに来た。


「はい、心優。
起きて!!
一緒にエステ行くから。
その後美容院で、買物も!!」


「…………」


……って、のんちゃん!?


今何時――っ!?


枕元の時計を見ようとしたら……。


< 163/ 447 >