ケータイ小説 野いちご

ヤンキー王子とラブレッスン①【完】

のんちゃんの……策略!?





「いいな~いいな~心優!!
北星で男の集団に追いかけられて。
おまけに、金髪王子に助けられたなんて。
少女マンガみたいじゃ~ん!!
運命じゃ~ん!!」


「う……運命!?
お……王子!?
王子じゃない、王子じゃない!!
とんでもないっ!!
なんか……。
とってもヤンキーみたいな人」


初めて北星での合同授業があった日の放課後。


「でも、助けてくれたなんて、やっぱり“王子”じゃ~ん。
心優、うらやましい~!!!!!」


< 142/ 447 >