ケータイ小説 野いちご

アンジュエールの道標

第1話
ほどかれていく夢



猫が人間になって、ううん、猫が喋って、違う。猫又? 

あぁ、これが夢じゃないなんて! 夢だとしてもあり得ない事だらけなのに――!


「どうでもいいから早くなんとかしろ」

「えっ?」


しゃがれた白夜さんの声に顔を向ければ、酷く面倒そうな顔をしてミルクを飲んでる。

まるで猫のように。いや、元は猫なんだけど。違う、そうじゃなくて、なんとかって……?


「あの夢を見たがっているのはお前だ。自分で解決するしかない」

「……」


嫌だ、心臓がバクバクする。


「分かっているんだろう? だからお前はあの家で見張ってる」

「――っ」


息が、止まるかと思った。

なんで? どうして知ってるの!? 誰にも、誰にも言って無いのに――。


「待っていても帰っては来ないぞ?」

「どっ、どうして!?」


< 32/ 200 >