ケータイ小説 野いちご

超能力的生徒会 in 蝶野学園

私が生徒会の一員?
At first...

どうもこんにちは。
私、知念 結衣といいます。

私はこの蝶野学園高等部1年B組に入る事になりました。
なぜか人事のように思えます。
だって、私の意志じゃないから。

なぜこうなったかというと、なが-い、なっがーい、暗ーい理由がありまして。






はっきり言うと、
実は私、
両親の遺言のため私はこの学校に通うことになりました!

ちなみにこの学校は結構有名で、入るのに一苦労。
はぁ。


それから言い忘れていましたけど、私の両親つい2週間前に交通事故で亡くなりました。
大泣きしたと思うでしょう。

残念!
泣いてません!

正確には、泣けませんでした。



< 1/ 119 >