ケータイ小説 野いちご

ふさんテル

3章








それから2日たったある日の朝だった











「ミル、よく聞くんだ・・・」








「急にどうしたの?


2人とも・・・」










私はお父さんたちに呼び出されていた














< 34/ 88 >