ケータイ小説 野いちご

世界の終わりに、君は笑う

* 真夜中の海に、歌声は響く




* 真夜中の海に、歌声は響く


「ねえディオン、何か怒ってる?」

数日かけて不気味な森を抜け、港町――クレタスに戻っている途中のことだった。

「怒っていない。どうして?」

「何ていうか……ディオンって無表情だから、つい怒っているように見えちゃうの」

「俺も、お前は常に不機嫌そうに見える」

フェイが口を挟んだ。

 そういえば、ディオンと出会ってから、不快そうな表情(かお)しか見ていないな。
 少しも頬笑みやしない。

 感情豊かな妖精や精霊と接するため、精霊使いも自然に感情豊かになるものだと思っていたが……どうやらそれは間違いのようだ。

「もっと楽しそうな顔をしたらいいのに」

アンネッテは不満そうに言う。

「そういうアンネッテは常に楽しそうな顔をしているが、それはどうしてだ?」

まだ出会って数日しか経っていないが、アンネッテはずっとにこにことしている。

「だって楽しいもの。これからどんな物を見るんだろう、とかを考えるとね、胸がわくわくして落ち着かないわ。それに無表情でいるより、笑っている方が相手も心が温まるでしょう?」

「心が温まる?」

「ええ。和やかになると言った方が良いかもしれないわね。そう感じない?」

「……僕はそういうのがよく分からない」

え? とアンネッテは首を傾げる。

「自分で言うのも変だが……嬉しいとか悲しいとか、そういった気持ちの面に関して、僕は欠けている」


 怒りや憎しみだけは、いくらでも感じるというのに。



< 53/ 200 >