ケータイ小説 野いちご

世界の終わりに、君は笑う

* 世界の終わりに、君は笑う





* 世界の終わりに、君は笑う


「……うそ、だろ?」

双子の過去を視終わり、最初に出た言葉は、それだけだった。
アンネッテもまた、フェイと同じ思いである。

「まさかディオンが……セリシアだったなんて」

 だから、月の石(ムーンストーン)を持っていたのね。
 そしてこれは、セリシアにとって、たったひとつの形見……。

「過去で視たあの街は……セヴェールのはずだ。此処からだと歩いて四日。人工精霊が目覚める二日前には到着出来るはず」

何とか間に合いそうだな、とフェイは続けた――と同時に、うっ、とアンネッテは胸元を握り締めながら、その場に倒れる。

「アンネッテ? おい、アンネッテ!」

息は荒く、彼女の体はとても熱い。
もう一度声をかけようとした、そのとき――がさがさと草陰から物音が聞こえてきた。
咄嗟にフェイは目を向ける。

「あれは……屍肉喰らい(フレッシュイーター)」

レクスの者たち、そしてエルヴィスの死骸を喰いに来たのか。

( そのエルフも、喰っていいか )

鋭い爪を光らせながら、一体のフレッシュイーターが話しかける。

「いいわけないだろう。アンネッテは、死んでいない」

( でもよ、そのままだと、どうせ死ぬぞ )

「なっ……」

( まあソイツはいいか。此処は喰うもんが多いからな )

そう言って、そのフレッシュイーターはエルヴィスの腕を千切り取り、むしゃむしゃと食べはじめた。

「一体どうすれば、アンネッテは助かるんだ。こんなときこそ、ディオンがいれば……」

言いかけて、口を噤(つぐ)んだ。
小さく、フェイは笑う。

それはまるで、己を嘲笑うかのように。




< 169/ 200 >