ケータイ小説 野いちご

オトナの純情-最後の恋-

最後の恋
  1.あの頃


手に持った携帯電話を鏡台の上に置くと椅子に座って、立花美里という自分の顔と向き合った。

いくつになっても、独りでいると不安そうな、ともすればおどおどしたような表情は消えてくれない。

全部、自分のせいだとわかっている。

だれかに消してほしいと頼るのは子供すぎるんだろうか。


わたしはいったん置いた携帯電話を再び手にして、呼びだしボタンを押した。


「わたし、美里」

『ああ。ごはん、食べた?』


答えた声はいつものとおり、からかうような口調だ。

低音で特別な周波を出しているらしく、わたしは特に電話の声には目眩いがしそうになる。


< 16/ 81 >