ケータイ小説 野いちご

龍王 【完】

第2章
萌佳side

倉庫から戻って家に真帆さんを入れた。

「広い部屋だね、」

「はい。3LDKなので…」

「羨ましいよ。あっ、ゴメン。」

「いえ…大丈夫です。ずっと、憧れていました。」

「うん。」

「小学校の時も、中学の時も、友達の家に遊びに行っても、施設には呼べなくて…」

「うん。」

「パパやママがいたら呼べるのにって。

でも、いじめられた時、誰にも相談できませんでしたから諦めてて…」

「担任は?」

< 28/ 698 >