ケータイ小説 野いちご

【New】スイートな恋をめしあがれ♡

~Sweet*two~
俺がいないとさびしい?



月も変わって10月。



少しずつ秋の気配が近づき始めていた。



……ど、どうしよう。



来てしまった……滝川くんの家に。



洋風なつくりのきれいな一軒家の前で、コンビニの袋を持って立ち尽くすあたし。



そもそも、なんでここにいるかというと……それは、今日のホームルーム終了後のこと。




< 131/ 352 >