ケータイ小説 野いちご

【New】スイートな恋をめしあがれ♡

~Sweet*two~
かんちがいしすぎ



「え……?」



突然腕をつかまれて驚いたあたしは、うしろに顔を向けた。



するとさはこには、不機嫌な顔をした滝川くんが立っていた。



「……は、離してっ」



今は滝川くんの顔を見たくなくて、反射的に目をそらした。



だけど彼は、つかんでいる手を離すどころか、ますます力を強めた。



そして、「なにかあったのか?」と、優しい声色で尋ねてくる。




< 116/ 352 >