ケータイ小説 野いちご

同居人はNo.1ホストー1ー213ページまで修正

最低男


 


もうこんな人生…慣れてしまった。



毎晩、見知らぬ男と過ごして男と身体を重ね男に養ってもらうって生きていく生活をもうどれくらいしてきたんだろう。



そして今日もあたしは餌を求め夜の街へ彷徨う。






< 3/ 277 >