ケータイ小説 野いちご

同居人はNo.1ホストー1ー213ページまで修正

危険すぎる同居








「ねぇ…まだ?」




あたしがそう聞くと最低男は運転をしながらあたしに応える。




「あと少しで着くから黙ってろ」





む、むかつく…この上から発言にイライラする。




こんな性格じゃ彼女なんて作っても直ぐに別れちゃうでしょうね。



車の窓から見えるキラキラと輝く街を眺めているとコンクリートだらけの薄暗い景色に変わっていた。




ん?着いたの?




「おいなにぼさっとしてんだ。早く降りろ」




「言われなくたって今、降りるわよ」





こんな自分勝手でわがままで偉そうで…仕事だってどうせ上手くいってるはずがない。








< 28/ 277 >