ケータイ小説 野いちご

俺の姫様 Ⅱ

仲直りから始めよう。
本当のこと。

《翔side》


「放課後、話あるから屋上来てくんない?」

そう月夜に言われた俺は、屋上に向かった。
放課後、しかも人気のない所に呼び出すってことは、相当大事な話なんだろう。

告白スポットの屋上に男2人…気色悪いな。って、前に月夜とここで話した時も、こんなこと思った気がする。


…ま、まさかあいつ、俺のこと好きなのか!?……んなわけないか。姫梨のこと好きっぽかったし。ってことは姫梨の話か。

そう考え付いたところで屋上に着いた。


「……姫梨?」

扉の向こうにいたのは、月夜じゃなかった。
姫梨が俺に話があるのか?


この様子だと、それも違うみたいだな。

姫梨も俺も月夜に呼び出された。けど、あいつはここに来ていない。

俺らを鉢合わせて何がしたいんだ?


何があったかは話してないけど、俺と姫梨がギクシャクしてることぐらい勘づいてるはず。

あいつもしかして………、





< 5/ 33 >