ケータイ小説 野いちご

shadow boy

謎多き少年
初対面


「ご、ごめん……」

「い、いいって、元々ダメってわかってたもんだし…うん…」

相手の男の子は傷ついた様子で去っていく。
あ~…また傷つけちゃったかな…。
そう思いつつ、その場にしゃがみ込む。
私はいつもそう。
告白されて嬉しいのに、
断ってしまう、悪癖。

「…記録更新、さっきので17人目、ですね。…」

何処からか、私の声以外の声が聴こえた。

「っ誰!?」

そう言って振り返るが、そこに姿はない。
そりゃそうだ、後ろにはプレハブ小屋しかないもの。

「ここですよ。」

でも、その声はまた聞こえた。
上を見上げると一人の男の子が私を見下すように、
屋上のプレハブ小屋の上に立っている。
しかも、仮面を目につけていて、黒いフードを深く被っていた。

「樹崎サンはいつになったら、オーケーするんですか?さっきので記録更新ですよ?」

その男の子は手に持ったノートを開き、読み上げる。

「2-1は、橋本、中崎、飯塚、柳沢。
2-2は、堤、城島、安藤。2-3は、橘、浅生。
2-4は、竜岡、渡島。その他は一年、浅岡、伊田川、三年は千原、須藤、安曇。
今のは、2-1、蓮島 東(はすじま はじめ)でした。」

「な、…なんで、それ、…」

「調べれば分かる事です。それより本題はそれじゃありません。
樹崎サン、貴方はいつ、誰にならオーケーするんですか?」

その男の子は冷静で、ノートをポケットにしまうと屋根から飛び降り、
目の前に着地した。

「答えてください。」

「ちょ、は!?何で教えなきゃならないのよっ!?」

「知りたいからです。興味があり、分かるまで俺は諦めません。」

ずいっと近づくその男の子。
怯むことなく、仮面の向こうから私を見つめている。

「教えてください。…それとも、相手を振るのがご趣味なんですか?」

「違うわよ!!……ただ、オーケー出来ないだけ。」

「…‘出来ない‘…とは、今付き合ってもその人を好きにはなれない。
…そう言うことですか?」

「そうそうそう、そういうことよ。じゃ、私授業あるから。」

めんどくさくなり、早くその場を去りたかった。
踵を返し、屋上のドアに向かって歩いていた、




そのときだった。









 「樹崎サン、それなら俺と、



     付き合いませんか?」







< 2/ 4 >