ケータイ小説 野いちご

隣の席

曇り空


「曇ってんなー」
「なんかあるんか、今日」
「んー…雨が降りそうやなーと」

クラスの奴と話してたら
息を切らした佐々木が入ってきた

「ギリギリー」
「……はぁ…っ…げほっ!うるせっ…」

佐々木が俺を睨みながら言う

「………ギリギリだ、ろうと間…に合えばええねん」

息は整っていないが佐々木らしくない発言

「わぁ…委員長ふりょー」

ニヤニヤと俺が返しながら水を渡すと無言で俺の手から取った


< 4/ 132 >