ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あたしはあなたの虜~先輩のキスは魔法のキス~

校門で待つイケメン




「ねぇ~、瑠衣!今日こそは大丈夫だよね!?」


「うーん、ごめんね。今日も無理かなぁ」


「えー!またぁ!?」




もうすぐ5月になろうという頃だった。



放課後、いつものように誘いを断ったあたし。



こんなあたしを毎日のように誘うのは、クラスメイトの徳井香織(とくいかおり)ちゃん。



香織ちゃんとは縁があるのか、高校3年間ずっと同じクラスだ。



サバサバしていてとても男っぽい。そんな性格は結構好き。



何かとあたしに構ってくれる香織ちゃんは、毎日あたしに遊びに行こうと誘ってくれる。



なんだけど、どうしても何処か一線引いてしまうんだ。



香織ちゃんが悪いわけじゃない。全てあたしが原因――。







< 48/ 442 >