ケータイ小説 野いちご

あたしはあなたの虜~先輩のキスは魔法のキス~

押せないボタン




家に帰るとあたしはずっと携帯とにらめっこを続けた。





「う~ん……」




何度も先輩のアドレスを出しては戻し、出しては戻しの繰り返し。



本当、どうしたらいいんだろう。



なんて打ったらいいのかも分からないし……。



それにアドレス教えてもらってから、もうすぐ1ヶ月近く経っちゃうんだよね。



いくらなんでも遅すぎだし……。



先輩ももう連絡くれないと思って、諦めちゃってるかも……。



そんなことを考えてると、ますます先輩にメール送れないよ~。



携帯と見つめ合うこと約1時間。







< 37/ 442 >