ケータイ小説 野いちご

この想いに気づくまで

第2章


 久しぶりだなあ、この感じ。


 
 一段一段ゆっくり登るたびに鳴る靴の音

 教科書がぎっしり入った鞄の重さ

 少しくすぐったいワイシャツの襟

 窓から差し込む光できらきら光る窓


 そして


 階段を登り終えた蒼井 咲(あおい えみ)の眼に飛び込んできたのは

 たくさんの人でにぎやかな長い廊下だった。

 あぁー!やっと学校にこれたんだ!




 雨の匂いが香る六月の晴れた日。

 咲は二カ月ぶりに学校に登校した。

 二か月前は淡いピンクの花でいっぱいだった桜の木は

 黄緑色の小さな葉っぱをいっぱいつけていた。

< 3/ 4 >