ケータイ小説 野いちご

この想いに気づくまで

第1章


 吸い込まれそうな暗闇の中にその倉庫はあった

 倉庫の周りにひっそりと建つ街灯が

 ペンキの剥がれかけた小さな倉庫をぼんやりと照らした


 

 「来いよ。まとめて片付けてやる。」

 薄暗い小さな倉庫にその言葉は低く響いた

 声の主の周りには様々な武器を片手に

 数多(あまた)の人が囲むように群がっていた

 暗闇の中、異様にギラギラと光る目の集合体を

 ぐるりと見回したその男はもう一度呟いた


 「二度もいわせるな……」



 ゆっくりと吸い込んだ息は埃っぽくて



 「……来いよ」


 
 少し湿っていた






 獣の思わせるような咆哮(ほうこう)は
 
 明け方まで続いた

 

 

  

< 2/ 4 >