ケータイ小説 野いちご

GEDOU―樹守る貴公子―

三年前
逃亡



「わっ・・・!」

「まぁまぁ、待たれよ」


 がっちりと逃げようとする明道の肩を掴む。


「出会った矢先から逃げるなど、無礼ではございませぬか。ねぇ、明道殿?」

「私は・・・っ、今ここで死ぬわけにはいかぬのだ。殺すなら・・・」


 明道はそう言いかけ、口をつぐんだ。

 もし、相手が自分のやろうとしていることを知っていたら。

 もし、相手と繋がりを持つ父が今の事に関わっているとしたら。



「まさか・・・父上が、依頼を・・・」

「左様・・・」


 絶望寸前の明道を見た天冥だが、それに関して笑う事はしなかった。

 いつからか先ほどの笑みは消え、ひんやりとした色を目に浮かべている。
 

「そして私・・・俺は、明道殿を殺すように言われた」

「・・・っ!」

「酷い話ですなぁ。・・・よりに寄って、我が子を殺すとは―――」

「え・・・」


 明道はふと瞠目した。

 天冥の顔に、果てしないほどの落胆の色が浮かんだからである。


「そなたは・・・私を殺すのでは、ないのか?」

「うん?殺しますが?まぁ、何も無ければの話ですがね」

「何・・・とは」

「いや、色々と理由がありましてね。その依頼がもし俺に不都合な事があれば、明道殿を殺さず、依頼の黒幕を殺そうかと―――」





< 23/ 157 >