ケータイ小説 野いちご

GEDOU―樹守る貴公子―

三年前


 三年前、多優(たゆう)という男が大内裏から逃げ出した。



 その多優という男は、その日に首を落とされるはずだったが、それを知って逃げ出したのである。


 背中に何本もの矢を負い、炎を方術で操り逃げる多優。


『俺は、どうしてこんな目に遭っている?』


 その時初めて、多優が思ったことだ。






『俺が・・・何をしたんだろう―――』














< 1/ 157 >