ケータイ小説 野いちご

この苦しみから誰か助けてよ・・・。

第三話『痣』
第六話『休暇』


美香side

次の日
私は目が覚めるとメンバーにメールをした
---------
今日予定していた、私の家に来るのは用事が出来たので、また今度にして下さい
ごめんなさい。
                                        美姫---------
そう打って送信すると、今度はマネージャーの真来さんにメールをした
---------
体調が優れないので、しばらく休めせて下さい
リーダーなのにすいません。
                                        美姫
そう打ってメールを送った
しばらくすると真希さんからメールが来た
---------
大丈夫?
リーダーとかそんなの関係ないからゆっくり休みなさい。
出て来れそうになったらメールか電話頂戴ね。
                                        真希
---------
そう打ってあった
私は
---------
ありがとうございます。
真衣達にも知らせといて下さい
                                        美姫
---------
と打ってベッドに横になった
するとさっきまで眠っていたのにまた眠ってしまった

< 6/ 11 >