ケータイ小説 野いちご

さくらんぼなあたしと王子様

熱、さくらんぼ、記憶?
この気持ちは何味?

図書当番も、あれからあたしたち

にはまわってこなくて、

隣の席だけと話すこともなくて…。

暑い、暑い夏休みが近づこう

としていた。

「あーつーい!!」

駅から学校まで歩く道のりで

パタパタ、下敷きで仰ぎながら騒ぐ

世羅ちゃん。

< 120/ 412 >