ケータイ小説 野いちご

【短】泳いでね、スー ②〜まだ終わらぬ震災の中で〜

○何が出来るか
2話 離れていても出来る事



津波の被害を受けた町の捜索が進むにつれて、溜まっていく物があった。

それは、ガレキの中から出てきた、思い出の品々…写真だ…。

泥まみれになった写真…。

でも、それは、この何もかもが流されてしまったと思える土地に残された、人々の心を支える大事な物…。




< 15/ 46 >