ケータイ小説 野いちご

魔法少女はじめました

そして、後日。

 季節は春。

 撫子も無事進級して、三年生となった。


 そして。

 今日も今日とて、夕と撫子は弁当を囲んでいた。

 今日は夕が新作スイーツとやらを持ち込んでいる。

「秋雨くんとか、よく夕のお料理に文句言うから、ちょっと味付けを甘めにしてみたんだけど…どうかしら?撫子ちゃん、どう思う?」

 と、差し出されたケーキは、かわいいピンク色。

 甘いものに目がない撫子は満面の笑みで受け取った。


 ケーキを口に運ぶ撫子の前で、ふわふわの毛先をいじる夕。

 女子から見てもうらやましいくらい、かわいい。

(あーあ、夕ならあのふりふりも似合うのに)

 などと思う撫子に、夕がとんでもない爆弾を投げつけた。


「ねえ、最近よくニュースに出てるラブリーピンクってかわいいと思わない?」


「ぶふーっ」

 撫子は、口に入れたばかりのケーキを盛大に吹き出した。

「げほっ、え、何、…っていうか辛!なにこれ辛あああ!?な、何入れたの、夕っ!?」

 そして、じわじわくる辛味。

 なんというか…ケーキからしてはいけない味がする。

 早めに吹いてよかった、かもしれない。

「えー?トムヤンクンペーストよ?もうちょっと入れた方が美味しいんだけど、今日は少なめにしたから、ピンクでかわいいでしょ♪」

 目の前でにっこりと天使のような笑顔を浮かべる夕。

 …かわいいはずのピンク色が、禍々しく見えてきた。

 保健室に集う後輩たちに心の中で合掌して、撫子は水を求めて駆け出した。

< 12/ 15 >