ケータイ小説 野いちご

魔法少女はじめました

ある昼休みのこと。

 二月も末。

 卒業、進級を間近に控えた天神学園高等部である。


 今日も、昼休みを告げる軽やかなチャイムと共に、校舎はわっと賑やかになる。

(天神学園らしくそこには爆発音だの何かが破壊されるような音だのが混じっているがそれは気にしない方向で)


 二年生、春野撫子(はるのなでしこ)の教室も例に漏れず、生徒達が思い思いに活動を始めていた。

 撫子もひとつ大きく伸びをして、教科書やノートを片付け始めた。

 
 そこへ、背後からかわいらしい声がかかった。

「撫子ちゃん、お弁当食べよー♪」

 これもまた、いつものこと。

 振り向くまでもなく、そこにいるのが誰かわかる。

 ふわふわの金髪。

 ぱっちりとした目。

 真っ白な肌。

 スカートを短くした女子制服がよく似合う、クラスメイトの…男子、いや、男の娘。

 土御門夕(つちみかどゆう)である。

 彼…いや、彼女?…と、サバサバした体育会系少女の撫子は、一見正反対なようだが、割と仲がいい。


 その理由は…

< 1/ 15 >