ケータイ小説 野いちご

君の安眠枕は私の…!?

夢枕


「えっと、あの…羊っ!か、鞄…私、教室!」


私を抱っこする羊の手にはちゃっかり鞄が握られているが、私は違う


「後で会長に届けてもらえばいいよ」


羊は私を離すつもりはないみたいです


「…どこいくの?」

「寝れるとこ」


分かんない!


「…ってゆうか、羊…怒ってるの?」


さっきから、単調な声色


「怒ってるわけじゃない。…寝不足なの」

「なんで…?」

「俺、ユメ居なきゃ寝れないみたい」

「…へ?」


それ以降の会話はゼロ
ってゆうか、羊が答えない

仕方がないので、諦めて羊に拉致られることを選んだ





< 80/ 99 >