ケータイ小説 野いちご

君の安眠枕は私の…!?

これじゃない…


コンコンと自室の扉が叩かれる


「夢李ー入るよー」

「えっ、桃子?!」


生徒会室を飛び出し、学校の外を放浪したあと帰宅した私

そんな、私に桃子が会いに来たみたいです


「えっと…ごめんね、急に帰って」

「本当、驚いたわよ…はい、忘れ物」


っと、差し出されたのは私の鞄


「ぁ、ごめん、ありがとう」


動揺し過ぎて忘れた鞄
鞄忘れるとか…私、馬鹿だなぁ


「で?雪田と何があったの?」


しっかり床に座り、尋問態勢に入った桃子

まぁ、隠しても仕方がないし…


「う、あのね?」


私は、昼休みのこと、羊に対する気持ち…
全部を桃子に話した



< 68/ 99 >