ケータイ小説 野いちご

君の安眠枕は私の…!?

モテ期かも…?


「はい、終わり。ユメおいで?」

「ん」


放課後の生徒会室
初めて雪田くんの抱き枕になってから数週間

抵抗するのは無駄だと学習した私
なので、文句も言わずに雪田くんに抱っこされる


「夢李、随分と雪田に従順になったね?」


背後に感じる雪田くんの寝息を聞いてると、桃子が書類を整頓しながら言う


「んー…抵抗しても疲れるだけだし。なんとなく…嫌じゃ無いし?」

「………え?」

「ん?」


桃子が持っていた書類を落とす
私、変なこと言った?


「…随分と、雪田に心を開いてるんだね?あんなに嫌がってたのに…」

「うん。本当に私が嫌がることはしてこないし。少しだけ見直してみた」


最近では、胸枕を要求することがない
たぶん、私が嫌がったから


「…雪田、よかったね…」

「ん?なんか言った?」

「何でもないよ」


そう言って、桃子仕事に戻って行った
なんだったんだろう?


< 44/ 99 >