ケータイ小説 野いちご

君の安眠枕は私の…!?

雪田羊の本気…?


次の日…


「夢李!昨日は大丈夫だった?」


学校に着くと桃子が素早く駆けつけた


「大丈夫って?何が?」

「…雪田に変なことされなかった?」


変なこと?

一緒にお昼寝したのは、桃子の了承の上だし…


「特には…ぁ…」


変なこと…ってゆうか…


「間接…き、キスなら…」


うわぁぁぁ…
自分で言って恥ずかしくなった


「朝から真っ赤だね?夢李ちゃん」

「きゃぁぁああ!」


いきなり背後から耳元で囁かれる
この声は…もしかしなくても…


「雪田くん…お、おはよ」

「うん、おはよ?俺の夢李ちゃん」


あいさつをすると、そのまま背後からギュッとされる


「きゃぁっ!ちょっ、雪田くん!?」

「抱き心地最高…」


こ、ココ教室だから!!
ってゆうか、桃子のまえだから!!




< 37/ 99 >