ケータイ小説 野いちご

初恋タイムスリップ(成海side)

★成海side




告白宣言をした俺を見て、

篤志は呆然としていた。



「マジ…で?」



俺は頷いた。



「そうか…」と篤志は考え込んでしまった。





しばらく考え込んで、

「そうだよな」

と言いながら、篤志は何度もひとりで頷いていた。


そして、


「成海は、桜木が好きなんだもんな」

と笑った。



「うん」



「そうだよな…違うなんて言えね−よな。

俺が間違っていたよ。


成海、桜木を守ってやれよ。

うまくいっても、うまくいかなくても。

桜木をちゃんと、守ってやれよ」




篤志…


「うん。当たり前だろ」


「俺は、応援するよ」





篤志にそう言われて、

俺はその時、


告白する気持ちが、ものすごく強くなっていた。



でも



いざ、


桜木に声をかけようと思っても、


なかなかタイミングがなくて、

教室では周りの目もあって、

声すらかけることが、できずにいた。




そして結局、
放課後になってしまった。






音楽室へ向かう桜木を、

呼び止めることも


できなかった。




< 43/ 143 >