ケータイ小説 野いちご

初恋タイムスリップ(成海side)

★成海side




・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・





・・・・・・・ん・・




俺は、目が覚めた。


なんだか変な気分だ。



あまりにもリアルすぎる夢だった。




俺は、体を起こして、ソファーに腰掛けた。



今、一体何時だ?


俺は腕時計を見た。


4時半か。寝てから1時間しか経ってない。


それにしては、だいぶ長い夢だった。





俺は立ち上がり、コーヒーメーカーが置いてある所へ歩いた。


誰もいないな……




コーヒーを入れ、


またソファーに戻ろうとした。




その時、ソファーの前に



ちいさな女の子が立っていた。




「うわ!!」



俺は、驚いてコーヒーをこぼしそうになってしまった。









< 116/ 143 >