ケータイ小説 野いちご

伝言

第九章


私は、輝達と別れて、一人罪悪感に飲み込まれていた。

「行ったほうがよかったかなぁ。」

私には、一つ誰にも言っていない事がある。

< 77/ 170 >