ケータイ小説 野いちご

結婚相手はお金持ち!!?

○プロローグ

高校3年の、ある休日




何故あたしは、こんな事になってんだろう?




目の前にある立て鏡には、美容師さんにセットしてもらった髪に、真っ赤な着物姿の自分が写し出されている…



あたしはまだ17才だし、成人式って訳でもなければ、親戚の結婚式でもない…



頭の中で悶々と考えていると…



「入るわよー」



そう言って入って来たのは、あたしのママ。



「麻美、凄く綺麗よ」



「ママ、何でいきなり着物なんか…」






「あら、だって今日は麻美のお見合いなんですもの。ウフ」



はぁーーー!!!!



お見合いぃぃ!!!?



つか、ウフじゃねーよ!!




それより、お見合いって、今時有り得ないんですけどーーー!!!!






.

< 1/ 32 >