ケータイ小説 野いちご

俺だけの姫ちゃん☆

第1章
★文化祭実行員★〜美央sid〜

関野君は自分の自転車に乗り送ってくって言われた…

い、いいのかな…?


後ろに乗って、制服をちょっとつかんでみた

そしたらいきなり関野君の手が延びてきて私の腕を掴むと自分のお腹の方へ回した


へっ?/////////
ドキドキ/////
ち、近くない?/////

この音…聞かれてないかな…?///

< 15/ 29 >