ケータイ小説 野いちご

生まれ変わってもキミが好き【完結】

第3章~知音 siruoto~
+.* 親友の温度*.+







放課後。


教室掃除の清春を待っていようと、廊下の窓からよく晴れた空を眺めていたら。



別のクラスの女子集団が、あたしの後ろを通る時に、気になることを話していった。




「校門のとこに、ヤンキーみたいな女の人がいるらしいよ」


「なんかね、ド金髪の派手な女なんだって」


「こわー。高校生とか?」


「それがもっと大人なんだって」




んんんっ?


ヤンキーみたいな、金髪の、派手な大人の女って……。



ふふふっ。いやいやいや。


まさかね、そんなわけないよね。



そんなわけないと思うけど……気になる!


あたしは勢い良く教室のドアを開けた。




「清春! ちょっと用事思い出したから先帰る!」


「はっ? 用事ってなに……凛!?」


「お先―!」




こんな風に勝手に帰ったりして、また清春の機嫌が悪くなるかもしれない。


でも、動かずにはいられないんだ。



ごめん、清春!




< 176/ 372 >