ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

なんかをなくしたチルドレンたちへつぐ捧ぐ物語


一匹の熊が冬眠に入ったその瞬間、地球は氷河期に突入し、熊がやっと目覚めたのは地球が暖かくなった随分後でした。

 熊が地上に出ると、そこに森はなく、新しい国で生きる新しい人の新しい町が栄えていました。

 新しい町の新しい人は熊を見て驚きました。そして未だ寝ぼける熊を歓迎しました。熊は大きな欠伸をして言いました。

「やあ、それにしてもお腹が空いた。ハチミツはないかい?」

 新しい人は言いました。

「ハチミツなんかないよ。ハチも花も、皆凍って消えちゃった」

 熊は哀しみました。

「それは困る。ぼくはハチミツをたっぷりかけたホットケーキしか食べられないんだ」

 今度は新しい人が困りました。でも熊が可哀相なので、ホットケーキに偽のハチミツをたっぷりかけて熊に差し出しました。

 熊は一口食べて言いました。

「こんなものはハチミツじゃない」

「でもぼくたちはハチミツを知らないんだ。本で読んだだけで、味も匂いもわからない」

 熊は肩をおとして言いました。

「じゃあいいよ。ホットケーキだけで我慢するよ。幸運なことに、世界は滅んでも、ホットケーキの味は変わらない」

 熊はハチミツをかけないホットケーキを毎日毎日食べ続け、三回目の冬眠の後、二度と目覚めることはありませんでした。

 新しい人は哀しみました。そして新しい村の真ん中に立派なお墓をつくって熊を埋めました。

 お墓にはこう彫ってありました。

『誰よりもホットケーキを愛する熊、それに気付かずここに眠る』

 新しい村を訪ねて来た旅人は、そのお墓を見て尋ねました。

「ねえ、これってほんとの話?」

 新しい人は笑いながら言いました。

「ほんとだったら、救いようがありません」

 旅人は頷きながら、誰にも気付かれないようにそっと舌打ちをしました。



< 1/ 1 >