ケータイ小説 野いちご

カクテル・ナイト

only you.




1週間ぶりにバーに行ったら、拓夢も先週来なかったらしい。


「瑠李さんととうとうくっついたのかと思ったのに…」

「翔くん、怒るわよ」


あたしが来ても拓夢が来ないなんて願ったりかなったりじゃない。


そろそろ飽きても良い頃だし。あれだけ口説いても落ちない年上女なんて興味も薄れるでしょう。


グラスの中の氷がカラン、と音をたてた。




< 32/ 50 >