ケータイ小説 野いちご

カクテル・ナイト

in the love rain.




欠伸を噛み殺し、眠気を覚ますかのようにコーヒーを口に含む。



「お疲れだね」


横から声がしたと同時に自然と肩に手を回して引き寄せられた。



「浩介、近い」

「瑠李、このあと呑みに行かない?」


同期で就職したこの男は、どっかの小鳥と同じ質らしく目が合えばちょっかいを出してくる。…拓夢みたいに可愛らしさはないから、尚更鬱陶しい。


今夜もまた呑みに誘う裏側のもうひとつのオサソイ。




< 16/ 50 >