ケータイ小説 野いちご

家出少女×俺様御曹司の偽装結婚ラプソディ*【完】

*謎のイケメン
ホントの気持ち



「え?」

思いもよらなかった質問に驚いてしまう。


「だから、お前は本当に幸せなのかってきいてんだよ。」

「幸せ…?」

「幸せ。」

「わかんない、よ…」

「じゃあどうしてそいつといっしょにいるんだよ?!」

「あのね、待って海斗…翔のことは嫌いじゃない。むしろ好きなの。でも…」

「でも?」

「好きになればなるほど、あたしなんか好きじゃないのにって。翔の隣りにあたしなんかがいていいのかって。不安になる…」

「はぁ…」


そこまで言うと、海斗は大きなため息をついた。



< 92/ 302 >