ケータイ小説 野いちご

家出少女×俺様御曹司の偽装結婚ラプソディ*【完】

*謎のイケメン
苦しい過去


「お前がそんな格好してるから危ない目に会うんだよ…」

翔は相変わらず頬を赤く染めながら、あたしの方を見ずに言った。

「え?」

あたしはわけがわからない。

「お前着替えたろ…///」

「うん。どうして?」

変だったかな?

翔は、言いにくそうに言った。

「そんな格好して…



























































































襲わない男の方がおかしいっつーの…」

















< 27/ 302 >