ケータイ小説 野いちご

桐華ー天然ボケ男が学園の王子様(女子)に恋しちゃったら【完】

★幼馴染との関係



「ひむ、今日の晩飯なに?」



「うどん。カツ丼よりいいかなって」



「……なんでカツ丼と比べた?」
 


彼方と恋理を迎えて、四人で帰る。
 


桐さんは落ち着かなさそうにしているけど、俺はばっちりお隣ゲット。よっしゃ。
 


ただ、一緒にいられるのも少しだけ。



すぐに道は分かたれてしまうようだ。



「氷室くん、バスケ経験は?」
 


桐さんは、ボールを指で廻しながら歩いている。




< 99/ 339 >