ケータイ小説 野いちご

桐華ー天然ボケ男が学園の王子様(女子)に恋しちゃったら【完】

★新・関係



「この人……?」
 


桐さんに見せられたそれは写真で、写っているのは、雰囲気は桐さんに似た感じの活発そうな女の子と、大人びた男子の二人だった。



「そう、こっちのね、晃(こう)くんっていうの」



「………」
 


こう。



桐さんが見せたそれに写っているのは、桐さんの『すきなひと』……らしい。





< 109/ 339 >