ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】

思い出



俺は結局、泣かせてしまった(?)のを気に病んで


その日一緒に帰りはしたものの一言も口は聞かなかった。



気持ちがあやふやなまま日付が変わり朝になっていた。




起きた時間は7時過ぎ。

いつもなら神前が起こしに来るけど何となく目が覚めてしまった。



(あれ…

神前が起きてない…?
珍しいな…)



俺は不思議に思い、神前の部屋へむかった。




コンコン―…



「か、神前ー…?」


返事は無し。


でもベットの上の布団がごそりと動いた。




「せん…せ…?」


「神前!?」



とても小さな消えてしまいそうな声だった。





俺は神前の顔を覗き込んだ。
すると神前は汗まみれでぐったりしていた。



「お前…熱あるぞ!?
大丈夫か!?」


「んっ…
…実は…昨日の夜から
少し具合が悪かったんです…」




神前は目の端を濡らしながら火照った顔で俺に手を伸ばしてきた。












< 71/ 100 >