ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】

ある日ある朝ある日常



チュンチュン―…


ピピピピ―…


(鳥の声…目覚ましもなってる…朝か…)



俺は朝が苦手なので布団に潜り込んだ。


でも、今日は…

いや、数日前から何よりうるさい目覚まし時計がなりはじめた。




「―…先生…
水無月先生!

朝ですよ!起きてくださいよ!」



これ、俺の三つ目の目覚まし。

研修生の神前 美勇だ。







カチャカチャ―…


「…お前もうちょっと優しい起こしかた出来ないのか。

上司だぞ俺は。」


「―…布団をはがしただけでしょう。あれ以上の優しい起こしかたがありますか…」



向かい合って朝飯を食ってる神前は俺をジロリと睨んだ。




「嫌なら自分で起きてくださいよ。
…いい大人なのに…

はぁ…
何でこんなことに…」



神前はわざとらしく肩を落とした。





そう、どうして神前が
朝俺を起こし、朝飯を作っているか。



数日前にさかのぼる。












< 24/ 100 >