ケータイ小説 野いちご

幼なじみじゃイヤなんだ。

第2章 気付いていく想い
さわらないで──





グラウンドから聞こえる




ボールが蹴られる音




その音を感じながら




私は音色を奏でる














< 93/ 606 >