ケータイ小説 野いちご

BEST LOVE

いち。
今と昔




結局、遅刻して…

ちょっぴり先生には怒られた

けど、クラスのみんなとは

すぐに仲良くなれた。

1人を除いて…。




「レイラちゃんって、帰国子女なのに、日本語ぺらぺらだよね?どーやって勉強したの?」



「5歳くらいまでは日本にいたからだいたいわかるだけよ。」



「そーなんだ!よかったらお友達になってくれる?」



「…嫌よ。私、日本人は嫌いなの。」



「なんで?」



「鳴海さんは関係ない事でしょ?」



「関係あるよ。日本人だもん!」



「もう、私の事なんか気にしないで鳴海さんはお友達のとこに行きなさいよ。私といても楽しくないでしょ?」



「そんなこと、一緒にいてみないとわかんないじゃん。」



「もうほっておいてよ!私が1人でかわいそうだから声をかけてくれたんでしょ?そういうの迷惑なの!」








< 9/ 183 >