ケータイ小説 野いちご

BEST LOVE

に。
高まる人気






 次の日の朝 




結局昨日はレイラちゃんと友達に

なれなかった。



あと、今日からは新と一緒に学校に

行く事になった。




「あ!おはよぉ~新~!」




「楓宇!おはよっ!」




「今日こそはレイラちゃんと友達になれる

ように、頑張るよ!作戦考えてきたんだ!」





「え!作戦考えてきたん?ちょっと、見せて!」





「うん。いいよ!これで、絶対友達になれる

と思うんだぁ♪」





「え~~~っと・・・!?」





「どーしたの?新?」





「なんだよ。この作戦!笑える(笑)」






ガ---ン↓↓↓

新に笑われた!?そんなに、おかしいかな?








< 24/ 183 >