ケータイ小説 野いちご

きみとあたしのモノガタリ

友達
彩織~サオリ~

担任が来る前に
女の子がひとり
教室に入ってきた

だるそうな顔をしていた



「サオリー
おはよー
遅刻やんッ」

美佳が言った


「おはよー
うちにとっては
めっちゃ早くきたし」


‘サオリ’がきた

サオリという子は
見た目はヤンキーだった

髪は茶色で耳には
いっぱいの穴が開いていて
ミニスカ

ほのかにタバコのにおいがした


「このこ安部サン
今日仲良くなったと
で、こっちが彩織。
めっちゃおもろいよ♪」


美佳が紹介してくれた


「おはよう」


「おはよう」
 互いに挨拶をした

< 7/ 117 >